送別会は幸運だった浜松の出会い

2013/09/14 * 13:20

祖父が亡くなりました。

彼は半年生きると言われていましたが、3ヶ月も早い旅でした。

私の無口で頑固な祖父は少し弱かったが、彼は私の好きな人の一人だった。

彼は一言も言わずに寝た。

変わらないと思った。浜松の出会い

でも、最後に一言。浜松の出会い

愚かであれコラであれ、私は死ぬ前に言葉を脳に焼き付けたかったのです。

亡くなった約3日後、夜、葬式、送別会で忙しく、式典以外はそれほど悲しくはありませんでした。

とりあえず、一人で大阪に帰ってきましたが、だんだんと実感を持ち始めています。

浜松の出会い
私の祖父は幸運で(私がそれを言うことができるかどうかわかりません)、すべての子供と孫によって世話をされました。

浜松の出会い私にとっては、幸運なことに不幸なことに、終わりの奇跡だと思います。

祖母はこれからも応援しなくてはならないが、自分が成り立たなければ応援できないようで頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です