節約が必要だった静岡の出会い

ただし、茹でたり、冷やして混雑させたりすると、塩は水(お湯)に溶けます。一日に何百色もお湯や冷水を変えないと、ゆでたり冷やしたうどんが塩辛くなります。そのため、お湯や水は頻繁に交換する必要があります。静岡の出会い

静岡にある15の出会いスポットを検証してきた

どれだけ水が不足していて、水を節約しようとしても、うどんは水(お湯)がけちではありません。

日本が誇る讃岐うどんを作るのはこの精神です。 (あちこちで憶測があります。本当にすべてを取らないでください????)

北陸出身の若い女性。

一人は富山県の寺院の若い女性です。

静岡の出会いもう一人は、社会人である金沢出身の女子大生。

扱いが非常に難しい共通点がありました。

それはそれらがすべて同じであるという意味ではありません。

金沢の寿司屋では、加賀とびというお酒が飲めます。

甘い塩漬けのエビの卵も味わいました。お母さんの小さなレストランも思い出しました。

いつか行くのかな。静岡の出会い

しかし、それは浮かぶ話ではありません…

雑多なものでなびく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です